Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2006-06-25

ITSでMACLISP (1)

| 21:32 | ITSでMACLISP (1) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - ITSでMACLISP (1) - わだばLisperになる

あまりにマニアックな内容なので、なんの説明もなしに

つっぱしって逝きます。

SIMHでITSを動かして遊んだりしているわけですが、ITS

で動くLISPの処理系としては、元祖とも言うべき

MACLISPがあります。

それで、SIMHの環境でも当然動きそうなもんなんですが、

lisp^K

と起動させてみようとしても

Alloc? n
.VAL 0; 66745>>HRLM 1,114017   1/   0   114017/   114020

と、Allocに答えたところで終了のようになっていまし

た。(Allocは良く分かんないけども、メモリの割り当て

かなと適当に憶測)

自分が知ってる限りでは、公開ITSサイトは、世界に2サ

イトあるのですが、すんなり起動します。

どっちも、KLH10で動いていて、こっちの環境なら動く

のかなあ、とかぼんやり考える程度で放置していたので

すが、ふと、ジョブを眺めてみると、

*$$v
* LISP P 4

となり、バックグラウンドでは、LISPは動いている様子

なので、$pでフォアグラウンドに持ってきてみたら、

動いてましたヽ(゚∀゚)ノ

適当にテスト

*
(defun fib(n)
(cond((< n 2) n)
(t (+ (fib (1- n)) (fib (- n 2))))))
FIB

(fib 10)
25

あれ?もしかして、8進数表記なのかしら。

10のフィボナッチ数は、55な訳ですが、多分8進数なの

で、10(8進)→8と入力したことになって、25(8進)→21

な訳でしょう。

という訳でちょっとMACLISPを動かして遊んでみようと

いう感じです。

--

SIMH

ITS

MACLISP

KLH10 PDP-10 Emulator

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20060625