Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2006-11-19

勉強するよ.22

| 15:48 | 勉強するよ.22 - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - 勉強するよ.22 - わだばLisperになる

Schemeの勉強.21

独習 Scheme 三週間 17章のつづき

make-tableとか、どっから来たのか良く分からないのが

面倒で放置していた17.3と17.4章。

Gaucheで、この章に出てくるmake-tableの代わりになる

ものはないのかしらんと調べてみたら、案外すぐにみつ

かった。

make-hash-tableと、hash-table-get、hash-table-put!

を使えば良いらしい。Gaucheだと

(define table-get hash-table-get)
(define table-put! hash-table-put!)

(define *form-data-table* (make-hash-table 'string=?))

のような感じかしらん。

Gaucheでのハッシュテーブルの作成はGaucheプログラミ

ングのテーブルの作成を参考に。

この章はなんとなくまとまっていなくて、17.4のCGI電

卓を作るにあたって、17.3で定義されているcgi.scmだ

けを使えば良いのかといえば、そうでもなく、17.2章で

定義されているsplitとか、string-indexとかもcgi.scm

に含める必要がある。まあ、大したことではないのだけ

れど。

;; ;; ;; ;; ;; (* (+ 1 2 3) 4)

=> 24

とか動かしてみる。

とりあえず良しとして、「独習 Scheme 三週間」のはこ

れにて終り。

次は、紫藤さんの「もうひとつの Scheme 入門」を実習

することにした。

この入門ページの目的として、

>SICP を読める程度の Scheme の知識を提供することです。

とあるので、次の次には、SICPをちまちま実習してみた

い。

SICPは自分には難し過ぎるけど、適当に関連する数学の

勉強もしつつて寄り道しながら学習を続けてゆくのも面

白いだろうと思う。

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20061119