Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2006-12-16

勉強するよ.24

| 23:48 | 勉強するよ.24 - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - 勉強するよ.24 - わだばLisperになる

紫藤さんの

もうひとつの Scheme 入門の実習をすることの2回目

前回から大分時間が空いてしまった。

今回は、 2. Scheme を電卓代わりに使う

練習問題があるので、アタック。

;;; 練習問題 1
; 次の値を Scheme の処理系を用いて計算してください。
; (1+39) * (53-45)
(* (+ 1 39) (- 53 45))
; 320

; (1020 / 39) + (45 * 2)
(+ (/ 1020 39) (* 45 2))
; 1510/13

; 39, 48, 72, 23, 91 の合計
(+ 39 48 72 23 91)
;273

; 39, 48, 72, 23, 91 の平均を小数で。 
(exact->inexact (/ (+ 39 48 72 23 91) 5))
;54.6

;;; 練習問題 2
; 次の値を Scheme の処理系を用いて求めてください。

;  円周率 π
; マチンの公式
(* 4 (- (* 4 (atan (/ 1 5))) (atan (/ 1 239))))
;3.1415926535897936

;オイラーの公式
(* 4 (+ (* 5 (atan (/ 1 7))) (* 2 (atan (/ 3 79)))))

;(* 4 (atan 1.0))
;が正解とのこと、そもそもアークタンジェントが何な
;のか分かっていないため、Wikipediaで円周率の公式を
;探して回答してみた。

; exp(2/3)
(exp (/ 2 3))
;1.9477340410546757

; 3 の 4 乗
(expt 3 4)
;81

; 1000 の自然対数 
(log 1000)
;6.907755278982137

という感じ。

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20061216