Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-04-14

LISP1.5でL-99 (P02 最後2つの要素)

| 20:37 | LISP1.5でL-99 (P02 最後2つの要素) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - LISP1.5でL-99 (P02 最後2つの要素) - わだばLisperになる

下のコードの例では、セミコロンをコメント記号として評価結果を書いていますが、LISP 1.5はコメント記号は持っていないため(バッチ処理だから?)、実際にはコメントになりません。

また、前回、LISP 1.5は大文字と小文字を区別しないと書きましたが、区別しないのではなくて、大文字しか存在していないので区別できない、というのが正確かもしれません。

ソースファイルをBCDに変換してIBM7094エミュレータに読み込ませているのですが、この変換時に全部大文字に直してくれているようなので、エミュレータへの入力は混合でOKです。

;  FUNCTION   EVALQUOTE   HAS BEEN ENTERED, ARGUMENTS..
; LAST2
;
; ((FOO BAR BAZ QUUX))

; END OF EVALQUOTE, VALUE IS ..
; (BAZ QUUX)

DEFINE ((
(LAST2 (LAMBDA (LST)
         (COND ((GREATERP 3 (LENGTH LST)) LST)
               (T (LAST2 (CDR LST))))))    ))

LAST2((FOO BAR BAZ QUUX))

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20080414