Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2009-12-06

KMRCLを眺める (32) defvar-unbound

| 20:53 | KMRCLを眺める (32) defvar-unbound - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める (32) defvar-unbound - わだばLisperになる

今回は、KMRCLのmacros.lispの中からDEFVAR-UNBOUNDです。

最初は、どういう意図なのか良く分からず、ドキュメンテーションに"defvar with a documentation string."などと書いている意味がわかりませんでした。

しかし、DEFVARの仕様を良く考えてみると、変数をunboundにしたままドキュメンテーションを付けることができないことに気付きました。

(DEFVAR *FOO* "Documentation")

*FOO*
;⇒ "Documentation
(DEFVAR-UNBOUND *BAR* "Documentation")

*BAR*
;>>> unbound

(DOCUMENTATION '*BAR* 'VARIABLE)
;⇒ "Documentation

なるほど、自分は、あまりドキュメンテーションを付けたりしていなかったので気付きませんでしたが、確かにこういう場合は便利かもしれません。

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20091206