Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-01-20

KMRCLを眺める (68) INDENT-HTML-SPACES

| 01:06 | KMRCLを眺める (68) INDENT-HTML-SPACES - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める (68) INDENT-HTML-SPACES - わだばLisperになる

今回はKMRCLのio.lisp中からINDENT-HTML-SPACESです。

前回は、空白文字でしたが、HTMLの文字実体参照の空白を出力するものです。

HTMLを出力するプログラムで使いたくなったりするんでしょうか。

動作は、

(WITH-OUTPUT-TO-STRING (OUT)
  (INDENT-HTML-SPACES 3 OUT))
;⇒ "      "

という感じ。

定義は、

(defun indent-html-spaces (n &optional (stream *standard-output*))
  "Indent n*2 html spaces to output stream"
  (print-n-strings " " (+ n n) stream))

これもなぜか指定の数の2倍ずつ出力。

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20100120