Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-03-14

KMRCLを眺める ONLY-NULL-LIST-ELEMENTS-P (114)

| 22:28 | KMRCLを眺める ONLY-NULL-LIST-ELEMENTS-P (114) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める ONLY-NULL-LIST-ELEMENTS-P (114) - わだばLisperになる

今回はKMRCLのstrings.lispから、ONLY-NULL-LIST-ELEMENTS-Pです。

動作は、名前の通りで

動作は、

(EVERY #'KL::ONLY-NULL-LIST-ELEMENTS-P 
       (MAPCAR #'MAKE-LIST '(0 1 2 3 4 5)))
;⇒ T

となっています。

たまにこういう状況を調べたくなることがあるな、という感じですが、外部にEXPORTはされていない様子。

どうもKMRCLでは、パッケージ内部でしか利用しない関数にも丁寧に名前を付けているように思われます。

定義は、

(defun only-null-list-elements-p (lst)
  (or (null lst) (every #'null lst)))

という風に直球な定義です。

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20100314