Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-04-15

(3)Tachyon Common LispのPA-RISCへの移植(1994)

| 13:31 | (3)Tachyon Common LispのPA-RISCへの移植(1994) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - (3)Tachyon Common LispのPA-RISCへの移植(1994) - わだばLisperになる

まったりとCiNiiのLISP関係の論文を漁っておりますが、今回は、

です。

Tachyon CLは移植性を高めるために、Cとアセンブラで記述されたPlispと呼ばれている核言語と、ライブラリに分かれていて、このPlispをPA-RISCへ移植したという論文のようです。

Plispを記述するアセンブラはLISPに似たものにしてあり強力なマクロを持っているとのこと。

15万行の処理系のプログラムを3.25人月でPA-RISCに移植できたそうです。

Tachyon CL関係の論文を読む度に、今流通してないのが非常にもったいないというか残念だなあと思ってしまいます。

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20100415