Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-05-16

(15)LISP(<大特集>プログラミング言語の最近の動向)(1981)

| 17:43 | (15)LISP(プログラミング言語の最近の動向)(1981) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - (15)LISP(プログラミング言語の最近の動向)(1981) - わだばLisperになる

CiNiiのLISP関係の論文をのんびり漁っております。今回は、

です。

もちろん、最近の動向といっても1981年当時のことで、LISPの初期の歴史の解説をさらっとした後で動向を解説しています

当時の最新動向としては、LISPマシンの台頭が挙げられ、

  1. 実時間GC
  2. ハードウェアサポートによるプログラム実行
  3. 並列処理
  4. ユーザーとの対話的操作でのS式以外の入力方法
  5. リスト以外のデータ構造や効率的な表現(CDR-Coding、ベクタ、タプル)

等が目新しいところだったようです。

また、ユーザー層の変化があったらしく、それまでLISPはAI研究者が使うものだったのが、アプリの利用者や、当時のマイコンユーザーにも広がりつつあったようです。

加えて、これも当時台頭しつつあったCommon LispがLISP規格化の噂という形で話題になっています。

この記事中では、規格化には否定的な人が多いとして「規格化は言語の発達を阻害する」「規格化は不可能である」「規格化は不必要である」等の例を挙げていますが、それぞれ面白いなと思いました。

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20100516