Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-06-10

KMRCLを眺める(162) _F

| 20:16 | KMRCLを眺める(162) _F - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める(162) _F - わだばLisperになる

今回は、KMRCLのfunctions.lispから_Fです。

実装を眺める限り、_FのFはSETFのFから来ているようです。

(defmacro _f (op place &rest args)
  (multiple-value-bind (vars forms var set access)
                       (get-setf-expansion place)
    `(let* (,@(mapcar #'list vars forms)
            (,(car var) (,op ,access ,@args)))
       ,set)))

という風にGET-SETF-EXPANSIONを使っています

使い方は、APPENDFを例にすると、

(LET ((X (LIST 1 2 3 4)))
  (LISPWORKS:APPENDF X (LIST 10 20 30 40))
  X)
;⇒ (1 2 3 4 10 20 30 40)

というところを

;; APPENDF
(LET ((X (LIST 1 2 3 4)))
  (KL:_F APPEND X (LIST 10 20 30 40))
  X)
;⇒ (1 2 3 4 10 20 30 40)

と書けます。

_Fは、Arcいうzapと同じ動きですね。

;; Arc
(let x (list 1 2 3 4)
  (zap + x (list 10 20 30 40))
  x)
;⇒ (1 2 3 4 10 20 30 40)

TAOにもこういうのがあって、

(let ((x (list 1 2 3 4)))
  (!!append !x (list 10 20 30 40))
  X)
;⇒ (1 2 3 4 10 20 30 40)

と書けます。

TAOは、任意に!で代入先を指示できたりするので、より高機能!

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20100610