Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-07-02

(31)第二回 Lisp コンテスト(1979)

| 23:20 | (31)第二回 Lisp コンテスト(1979) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - (31)第二回 Lisp コンテスト(1979) - わだばLisperになる

まったりとCiNiiのLISP関係の論文を漁っておりますが、今回は、

です。

日本でLispが流行しはじめた(情報処理学会で注目され始めた)のは、1974年7月の記号処理シンポジウムがきっかけだったとのことで、この時に初めて日本中のLispに興味のある人々が一堂に会したそうです。

第一回 Lisp コンテストが開催され、日本のLispの状況があきらかになったとのこと。

第二回 Lisp コンテストは、第一回の内容を継承しつつ海外からの参加も呼び掛けてみていたようです。

コンテストの内容ですが、基本的には、ベンチマークで処理系の速度を測るというもので、本文に詳しくベンチの解説があります。

また、当時の処理系はかなり多様で参加者はそれぞれ別の方言という感じですが、共通で動かせるようなものがお題になっています。

ちょっと調べたところでは、第三回まで開催されていた様子で、三回目は、1985年に、第一回 Prologコンテストと共に実施されたようです。

そのうち第四回が開催されることを期待したいですね。

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20100702