Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-07-10

(33)TAO/ELISのUNIXへの移植(1995)

| 23:32 | (33)TAO/ELISのUNIXへの移植(1995) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - (33)TAO/ELISのUNIXへの移植(1995) - わだばLisperになる

まったりとCiNiiのLISP関係の論文を漁っております。

来月8月7〜9はJAISTでELIS復活祭ということで私も3日間参加することにしました。

もちろん月曜は会社を休みますw

東京からだとJAISTって結構遠いみたいですが、一緒に電車でJAISTに行って頂ける方を募集しています。

ということで、折角のELIS復活祭に向けてCiNiiの論文漁りもTAO/ELIS関係を中心に眺めていこうかなと思います。

ということで、今回は、

です。

本文は、ELISというLISPマシンのマイクロコードをまるごとCに変換してFreeBSD上でTAO/ELISを稼動させたという内容です。

1995年のPentium II 300MHzのマシンで実機の2.5倍のスピードで稼動したとのこと。

また、TAO/ELISはLISPマシンにしては他に類をみないマルチユーザー環境ですが、移植環境でも8人までログインして同時につかえるとのこと。

また、本文の6年後に続編ような「マイクロプログラムの静的変換による記号処理システムの移植とその性能評価」が書かれているのですが、nue.orgでもHTML版が読めるので、改めてHTMLを眺めてみたところ、なんと内容がアップデートされていました!

FreeBSD 8.0や、MacOSXに移植しオリジナルの70倍のスピードで動くとのこと。

TAOプログラムもすべて動くようになっているとのことです。凄いですね!

KMRCLを眺める(175) SHOW

| 00:13 | KMRCLを眺める(175) SHOW - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める(175) SHOW - わだばLisperになる

今回は、KMRCLのsymbols.lispからSHOWです。

前回、前々回のSHOW-VARIABLES、SHOW-FUNCTIONSを纒めたものです。

動作は、

(KL:SHOW :FUNCTIONS :G000001)
;->
Function GITHUB-INSTALL  -> #<FUNCTION GITHUB-INSTALL>
Function AUTO-IMPORT  -> #<FUNCTION AUTO-IMPORT>
Function QUIT  -> #<FUNCTION QUIT>
Function FACT-CPS-LIST  -> #<FUNCTION FACT-CPS-LIST>
Function INSTALL  -> #<FUNCTION INSTALL>
Function OOS  -> #<FUNCTION OOS>
Function CURRY  -> #<FUNCTION CURRY>
Function FACT-CPS  -> #<FUNCTION FACT-CPS>
Function FLATTEN-CPS  -> #<FUNCTION FLATTEN-CPS>
;⇒ NIL

というところ。定義は、

(defun show (&optional (what :variables) (package *package*))
  (ecase what
    (:variables (show-variables package))
    (:functions (show-functions package))))

となっています。

ざっと一覧を眺めるのに便利かもしれません。

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20100710