Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-08-04

KMRCLを眺める(184) COMMAND-LINE-ARGUMENTS

| 23:29 | KMRCLを眺める(184) COMMAND-LINE-ARGUMENTS - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める(184) COMMAND-LINE-ARGUMENTS - わだばLisperになる

今回は、KMRCLのimpl.lispからCOMMAND-LINE-ARGUMENTSです。

COMMAND-LINE-ARGUMENTSは、起動されている処理系自身の引数を調べるためのもので、大抵の処理系には付いてることが多いみたいです。

定義は、

(defun command-line-arguments ()
  #+allegro (system:command-line-arguments)
  #+sbcl sb-ext:*posix-argv*
  )

のようになっています。

Allegro CLとSBCLの場合しか書かれていませんが、(apropos 'argv)などとすると関数や変数が見付けられる処理系も多いようです。

SWANK別起動でSLIMEを使っている自分だと、

(KL:COMMAND-LINE-ARGUMENTS)
;⇒ ("/var/lisp/swank-sbcl")

のような感じになっています。

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20100804