Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-08-16

KMRCLを眺める(187) CANONICALIZE-DIRECTORY-NAME

| 23:09 | KMRCLを眺める(187) CANONICALIZE-DIRECTORY-NAME - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める(187) CANONICALIZE-DIRECTORY-NAME - わだばLisperになる

今回は、KMRCLのimpl.lispからCANONICALIZE-DIRECTORY-NAMEです。

与えられたファイル名をディレクトリの名前として正規化して返すもののようです。

:unspecificが返ってきてしまう場合にはNILを返すローカル関数を定義して処理しています。

定義は

(defun canonicalize-directory-name (filename)
  (flet ((un-unspecific (value)
           (if (eq value :unspecific) nil value)))
    (let* ((path (pathname filename))
           (name (un-unspecific (pathname-name path)))
           (type (un-unspecific (pathname-type path)))
           (new-dir
            (cond ((and name type) (list (concatenate 'string name "." type)))
                  (name (list name))
                  (type (list type))
                  (t nil))))
      (if new-dir
          (make-pathname
           :directory (append (un-unspecific (pathname-directory path))
                              new-dir)
                    :name nil :type nil :version nil :defaults path)
          path))))

となっていますが、パス名回りは色々と複雑で処理系とOSによって動作は若干変わってくるようです。

(KL::CANONICALIZE-DIRECTORY-NAME "/tmp/../etc/hosts.allow")
;; SBCL
;⇒ #P"/tmp/../etc/hosts.allow/" 
;; Allegro CL
;⇒ #P"/etc/hosts.allow/"

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20100816