Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-11-30

Lemmensさんメモ

| 02:33 | Lemmensさんメモ - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - Lemmensさんメモ - わだばLisperになる

昨年の数理システム(MSI)/FranzさんのLispセミナーに引き続き、今年もヨーロッパで活躍されているCommon lisp programmerのArthur Lemmensさんが来日して参加されました。

昨年のセミナーでは、講演者としての講演されていましたが、今年は突如いらした様子。

Lemmensさんは、cl-ppcre等で有名なEdi Weitzさんと一緒に、ヨーロッパLispコミュニティの会合で中心となる役割をされたり、CLのライブラリを書いて公開されたりしています。

なかなか資料が少ない分野でのメモ:

Lemmensさんは、日本語も堪能で、去年のセミナーでは、原稿も日本語で書いてあった程。

今年は、MSI/Franz Lispセミナーだけでなく先日開催されたShibuya.lisp TT#6にも参加して頂けました。

折角の機会なので、quekさんと質問。色々伺いましたが、メモってなかったので結構忘れてしまいました。

  • Q. 日本は何度目でしょうか
    • A. 6回目です
  • Q. 開発で使っている環境は?
    • A. LispWorksのエディタ。最初に本格的に使い始めたのがLispWorksだったというのが理由。クラスブラウザがあったりSLIMEより統合された環境で洗練されていて強力なところが好き
  • Q. メインで使っている言語は?
    • A. Common Lisp。あとは少しMathmatica
  • Q. 開発環境のOSはなにを利用していますか。
    • A. WindowsとLinux。どちらもLispWorksを使っている
  • Q. ライブラリ管理は何を利用していますか?
    • A. ASDFや、ASDF-INSTALLを使ったりもするけれど、自前で管理することが多い。良さそうだけれどquicklispはまだ試してない。
  • Q. テストの環境は何を使っていますか?
    • A. 既存のものを使わないわけではないけれど、プロジェクトに応じて自作している。簡単に作れるものなので。
  • Q. rucksackは更新されないのですか
    • A. 仕事で使うために作ったけれども今は使っていないので…
  • Q. rucksackの開発はどれくらいでしたか?
    • A. 2ヶ月位
  • Q. ヨーロッパで一番LISPが盛んな国はどこでしょうか
    • A. ノルウェーだと思う。ドイツも盛ん。
  • Q. ヨーロッパでLISPが盛り上がってきた(復活してきた)のはいつ頃からですか?
    • A. 大体10年位前から。それ以前は周りをみても見当らない感じだった。
  • Q. 他の言語をdisって退路を断とう、という提案に対して
    • 有名どころでは、Erik Naggumみたいな人もいましたね
  • Q. Erik Naggumの名前の読み
    • A. ナガム(と書いていてナイムだった気もしてきました…)。でも、ノルウェーの人なので正確な発音は分からない。
  • Q. 最初のプログラミング言語は?
    • BASIC
  • A. 最初のLISP処理系は?
    • BBCが出していたPCで動くLisp

機能は限られていたが面白かった

(これでしょうか? File:Acornsoft LISP screenshot (BBC Micro).png - Wikipedia)

  • Q. 現在のお仕事は?
    • A. 今は、3人位の仲間と一緒に建築で使うソフトをCLで作成中。プログラマは一人。会社の名前はまだない。
  • Q. 大規模な人数でのLISP開発について
    • A. ITAで働いてたことがあるけれど、人数が多いと自分の思うようにならず、プログラマ同士が足の踏み合いをしてるような感じだった。個人的には一人の方が自由で好き。
  • Q. 複数人数での開発について:やはりマクロは問題になりますか?
    • A. それなりに危険なこともあるけれども、コードレビューしていれば大丈夫。
  • Q. 次回のECLMの開催時期は?
    • A. いまのところ未定。ILCの開催地がヨーロッパだとイベント的にかぶるので見送りになったりする。そのあたりとの兼ね合いをみつつ開催。

他、思い出したらまた追記します。

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20101130