Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2011-05-27

CLでSRFI-61

| 21:32 | CLでSRFI-61 - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - CLでSRFI-61 - わだばLisperになる

SRFI-87で、=> が出てきたので、今回は、その流れで、SRFI-61です。

Schemeのcondでは、=>が使えるのは前回も書きましたが、それにガード節を加えたものがSRFI-61です。

このガード節を上手く使うことによって色々できます。

(shadowing-import 'srfi-61:cond)

(let ((alist '((a . 1) (b . 2) (c . 3))))
  (cond ((assoc 'a alist) #'values :=> #'cdr)
        (:else nil)))
;=> 1

(let ((alist '((a . 1) (b . 2) (c . 3))))
  (cond ((assoc 'z alist) #'values :=> #'cdr)
        (:else nil)))
;=> NIL

今回もキーワードは、キーワードシンボルで書くことにしてみました。

シンボルの衝突を考えなくて良いのでキーワードにしておくとやっぱり楽かなと思います。

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20110527