Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2011-06-02

CLでSRFI-28

| 21:59 | CLでSRFI-28 - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - CLでSRFI-28 - わだばLisperになる

移植というより単なるコピペな感じのSRFI移植ですが、今回は、SRFI-28 基本的な書式文字列です。

CLのFORMATの基本的な機能の~A、~S、~%、~~が使えるのみのシンプルなFORMATというところですが、ストリームには出力されず文字列が返ってきます。

(shadowing-import 'srfi-28:format)
;=> T

(format "foo~abaz~%" 'bar)
;=> "fooBARbaz
;   "

ちなみに、自分はCLのFORMATの書式指示子は大文字で書く派です。

MacLISPの時代から大文字で~Aと書いても小文字で~aと書いてもOKだったようですが、コードサンプルは古えから大文字が多いためか、大文字で書いている例が多いようです。

Schemeは小文字で書く人が多い気がしますが、上のSRFI-28の参照実装では小文字しか見ていないので小文字で書く必要があります。

今度無駄に統計でも取ってみようかなとも思っています。

ゲスト



トラックバック - http://cadr.g.hatena.ne.jp/g000001/20110602