Hatena::Groupcadr

From The Darkside - Lisp実験室@Hatena このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-11-22  

[][][] 2009/11/07 Shibuya.lisp TT#4に行ってきた 17:27  2009/11/07 Shibuya.lisp TT#4に行ってきた - From The Darkside - Lisp実験室@Hatena を含むブックマーク はてなブックマーク -  2009/11/07 Shibuya.lisp TT#4に行ってきた - From The Darkside - Lisp実験室@Hatena  2009/11/07 Shibuya.lisp TT#4に行ってきた - From The Darkside - Lisp実験室@Hatena のブックマークコメント

ひさびさに更新してみて初めてココにはTT#3を更新していないことに気がついた(^^;


そして長らく書いていないので、はてな記法についてすっかり忘れてしまった(^^;


それはさておき、行ってから2週間以上が経過してしまったけれども今頃、

Shibuya.lisp TT#4の感想を印象に残った部分メインで覚えてる範囲をメモ書き程度

に書いてみます。



今回からLisp初心者入門セッションがSTARTということですが、平日

歩いて通勤していることもあり疲れていたためテキストの内容を確認

して第二部から出かけてみた。

ただ急いでいたため筆記用具を忘れてキーワード記録に失敗(^^;


まず、近山先生の1980年前後のLisp事情とUtiLispの話。

大学卒業時の研究テーマにLispを選び、実装したMicroLisp。

メモリ1KB以内を目指すためアトムを1文字で実装。

APLみたいだけど意味が通じて読みやすくて凄い。

次に修士時代にLispコンテストに応募するためFACOM 230/38上で動くLisp

拡張したPascalで実装。

結局コンテストの締め切りには間に合わなかったけど、「情報処理」誌上で竹内先生

に同じマシン上のFortranで実装したものより速かったと言及してもらえた。

Pascalを拡張してGCを書き速度も出る処理系を作っちゃうんだから本当に凄い。

次に博士時代にはAdaの仕様書を読んで勉強していたが和田先生から

「仕様書なんか読んでても言語は分からない。まずは作ってみろ」と提案され

Lispで実装してみることに。

この和田先生のエピソードを聞いて、踊る大捜査線の「事件は会議室で起きてるん

じゃない。現場で起きてるんだ!」

がなぜか頭に思い浮かんだ(笑

以上の経験を元に使いやすさを追求したUtiLispの開発へ。

ちなみにUtiLispのUtiは「Utile」(=Useful)を意味する。

Lispの中からOSをコントロールしハードウェアベタベタの最適化を行う実装。

今となっては古い手法だが当時はベストエフォートだった。

実装には1年半、残りの半年でドキュメントを書いた。

1人で書き上げたというのだから本当に凄いなと思った。

自分もキーボードのあるモバイル端末上で動くLisp処理系の研究と実装をちまちまと

やっているので工夫をすればメモリが少ない環境でも十分実用的なレベルの処理系が

書けるんだという参考になった。



次に竹内先生のLispの心についての話。

LISQ(りっぷく)、LISX(りっぺけ)、TAO

LISQにはcar,cdr以外にcbr,ccrの4つのセルがあった。

TAONTTで最適化のためにマイクロコードレベルでガリガリ書くだけでは足りず

ロジックボードもいじっていた。

最適化のためにマイクロコードレベルで実装という話は近山先生のUtiLispにも通じるな

と思った。

カレンダープログラムを作ってFreeBSDVMware上のTAO/ELISエミュレータでデモ。

LispMのエミュレータがVM環境上で動作しているのが興味深い。

今のハードウェアスペックなら自作で組み立てても当時動かしていた環境より3倍

くらい速いのが作れると言われていたのが印象的。



LTでは特にgaraemonさんのInterpreterで少しずつ動かしながら実行結果を確認できる

「3次元幾何モデルライブラリkomainu on CL」とひげぽんさんの「さあ家に帰ったら

Schemeのコード書いてみよう」が印象に残った。


TT#4以降、様々なLispの論文を読んでいるがCommon Lispもいいけど近山先生や竹内

先生みたいな限られた環境で最適化する実用的なLispやLispMやArcなんかも面白いと

思うので、いろいろ横道に逸れつつ作っている自分の処理系にもそういう面を活かせれば

いいなと思う。

2009-03-02

[][] Shibuya.lisp Tech Talk #2に行ってきた 05:45  Shibuya.lisp Tech Talk #2に行ってきた - From The Darkside - Lisp実験室@Hatena を含むブックマーク はてなブックマーク -  Shibuya.lisp Tech Talk #2に行ってきた - From The Darkside - Lisp実験室@Hatena  Shibuya.lisp Tech Talk #2に行ってきた - From The Darkside - Lisp実験室@Hatena のブックマークコメント

今回は特に黒田さんの「Lisp quote, unquote」が印象に残った。

圧倒的にSICPGauche、Ypsilonを通じてSchemeファンが会場に

溢れていたとは思うのだがCommon Lispの実用的な良さを認識で

きてさえすれば、人数的には微妙でもSchemeなんかに全然、負け

てないよ。

と思った。

で、発表の中で出てきた言葉で特に印象に残ったもの。

「速いプログラムはお金になる」

Common LispGaucheより速い」

Lispを使いこなしていない人間に限って、Lispについて語り

たがる」

Lispを使いたいけど上司が許可してくれない。その程度なら

使ってもらわなくて結構」

「ネットより本を読め」

「たくさん読んで、たくさん書こう」

「分からなければ分かるまで読め」

「顧客の見えてないLispプログラマは意味がない」

LispSchemeMLを仕事に使ってお金を稼ぐと、きっと

Happyになれる」

他にもいろいろあったと思うけど自分的に「これは名言だろ?」

と思ったのだけ急いで書き留めた。

これから、OCamlCommon Lispのネイティブコンパイラを実装

するという妄想を現実のものとして検証するために勇気を与え

たり助けとなる言葉になるんじゃないかと思う。



・懇親会で上がった話題


Haskellはコンパイラを書くのに適した言語

Lispで仕事をしたい

SCのような仕組みでPerlLispを繋ぐもの、RubyLisp

繋ぐものがあるといい。

困った時はPythonを使えば何でもできる

MLOCaml)のコードは美しい

Lispはなぜ大文字小文字を区別しないのか。

言語マニアの人が集まったテーブルで、久々にとても楽し

かった。

次回は7/4を予定しているとのこと。

他に予定を入れないでまた是非、参加できるといいな。

LTとかLTとか・・・発表できるといいな、いつの日か。

2009-02-21

[]激しく刺激を受けたので再始動 05:43 激しく刺激を受けたので再始動 - From The Darkside - Lisp実験室@Hatena を含むブックマーク はてなブックマーク - 激しく刺激を受けたので再始動 - From The Darkside - Lisp実験室@Hatena 激しく刺激を受けたので再始動 - From The Darkside - Lisp実験室@Hatena のブックマークコメント

実は去年の10月前後にノートPCが修理に出てからデスマってる

仕事がブラックホール化してしまいLisp方面の話題から長らく

離れていましたが、最近、ocaml-nagoyaのmzpさん作による

Flashを扱う俺Lisp「HappyABC」やShibuya.lisp Tech Talk#2

開催等に刺激を受けて、また再始動することにしました。

2008-09-22

[]Shibuya.lisp Tech talk #1 参加事前登録受付開始! 02:29 Shibuya.lisp Tech talk #1 参加事前登録受付開始! - From The Darkside - Lisp実験室@Hatena を含むブックマーク はてなブックマーク - Shibuya.lisp Tech talk #1 参加事前登録受付開始! - From The Darkside - Lisp実験室@Hatena Shibuya.lisp Tech talk #1 参加事前登録受付開始! - From The Darkside - Lisp実験室@Hatena のブックマークコメント

本日2時過ぎよりShibuya.lisp-users.org オフィシャルにて、10/18 Shibuya.lisp

第1回 Tech talk の参加者事前登録及び、LT発表者の受付が開始されました!

Lispの達人も興味があるけど今一歩を踏み出せないでいる初心者も、予定が

空いてる人は、どんどん申し込んじゃえばいいと思うよ♪(*´∀`*)b

2008-09-21

[][]sbclをソースからビルドする方法と皆のCL開発環境!(*´д`*) 12:50 sbclをソースからビルドする方法と皆のCL開発環境!(*´д`*) - From The Darkside - Lisp実験室@Hatena を含むブックマーク はてなブックマーク - sbclをソースからビルドする方法と皆のCL開発環境!(*´д`*) - From The Darkside - Lisp実験室@Hatena sbclをソースからビルドする方法と皆のCL開発環境!(*´д`*) - From The Darkside - Lisp実験室@Hatena のブックマークコメント

昨日はCL勉強会@Lingrでした。

で、ネタは本編が各自(g000001さん、NANRIさん、Onjoさん、quek

さん、yasさん?)の開発環境についての発表と質問会、その流れで雑談

は深夜3時過ぎまで盛り上がりました。(*´∀`*)

まだ各開発環境についてはログから発言を抜き出してまとめてはいない

のですが、初心者からすると本当に勉強になることばかりで、どこまで参考

にするかで延々無限ループなカオスになりそうだった(笑)

ちなみに、わたしはWindowsでは主にsbclのバイナリを使っていて、

会社と自宅の各環境に応じてNTEmacs + SLIME、Meadow3 + SLIME

Emacs + SLIMEなとこに基本の設定しかないので、ソースビルドに

よる構築とか、asdf-addonsを使用したライブラリの構築方法とか、

.sbclrcを使う方法とか、いろいろ参考になった。

そしてテスト駆動開発とか実践してる人がいるのには頭が下がった。

まだ基本に毛が生えた程度で大がかりなコードを書いてる訳ではないけど、

仕事用にテストフレームワークとか作りたいと思ってるので、参考資料の

提示がありがたいなぁ・・・と思った。

実際に使ってる訳ではないらしいけど、g000001さんのテストファイルを

自動で作成するLispスクリプトとか凄いと思ったし・・・

onjoさんのgitに開発環境をミラーリングして管理してる方法とかも

実用的でカッコ良かったな・・・

GoogleDocを使ったclisp-2.46-fullごった煮版の解説も分かりやすくて

楽しめた!

長くなってしまったけど、Lisp開発環境は自分に都合がいい工夫をする

自由度があるのでマニアックに構築し甲斐があるのかなぁ・・・

なんて思ったりした。


☆関連項目

CL勉強会@Lingr 2008-09-20

sbclをソースビルドで構築する方法