Hatena::Groupcadr

INTERLISP

INTERLISP

1960年代後半に開発された、BBN LISPを元にXeroxで開発され、1980年代まで主流のLisp処理系として活躍した。

Common Lispにはその流れは少ししか取り入れられなかったが、対話的な開発環境等、非常に先進的なところがあった。FIXME

PDP-10上での、Interlisp-10の対話操作の例

INTERLISP-10  31-Dec-84 ...
Hi.
3_defineq((fib (n)
             (if (lessp n 2)
                then
                n
                else
                (plus (fib (sub1 n))
                      (fib (difference n 2))))))
=DEFINEQ
(fib)
4_fib(10)
lessp {in fib} -> LESSP ?  yes
plus {in fib} -> PLUS ?  yes
sub1 {in fib} -> SUB1 ?  yes
difference {in fib} -> DIFFERENCE ?  yes
55
5_

はるか昔は、二大Lispといえば、MacLISPと、INTERLISPのことを指し、MACLISP系か、INTERLISP系かが大別された。

INTERLISP系の処理系

Interlisp-Dについての解説記事

Interlisp-D

関連項目

  • Medley
  • 2010-11-12
  • 2008-01-28
  • 2007-12-25
  • 2005-11-15